GK

バイエルン・ミュンヘンの8連覇で幕を閉じた2019/20シーズンのブンデスリーガ。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中で思ったような活躍を見せることができず、期待を裏切ってしまったのは誰なのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのブンデスリーガワーストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)
————————————

アレクサンダー・ニュベル(シャルケ)
生年月日:1996年9月30日(23歳)
市場価格:950万ユーロ(約11.4億円)
今季リーグ戦成績:26試合/40失点

 昨季は不動の正GKだったラルフ・フェーアマンからポジションを奪ったアレクサンダー・ニュベル。昨季途中からゴールマウスを守ってきたが、今シーズンは低迷するチームを救うことができなかった。

 今夏で契約が切れるニュベルにクラブはキャプテンを託した。しかし、ウインターブレイク中に今夏でのバイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表され、後半戦は主将の座から降りた。2月には2試合続けて大量失点を喫したことで、4試合続けて先発を外されている。

 チームは14位だった昨季の低迷から抜け出せず、今季も12位に終わった。難しいシーズンを過ごしたニュベルは、バイエルンで再スタートを切ることになる。

DF

シュテファン・リヒトシュタイナー(アウグスブルク)
生年月日:1984年1月16日(36歳)
市場価格:80万ユーロ(約9600万円)
今季リーグ戦成績:20試合出場/0得点1アシスト

 セリエA通算301試合出場の実績を持つシュテファン・リヒトシュタイナーは昨夏、フリートランスファーでアーセナルからアウグスブルクに加入した。右サイドバックのレギュラーだったジョナタン・シュミッドがフライブルクに移籍したアウグスブルクは、経験豊富なサイドバックに穴を埋める活躍を期待していた。

 リヒトシュタイナーにとってはキャリア初となるドイツでのプレーとなったが、開幕から右サイドバックとして起用された。しかし、全盛期のパフォーマンスからは程遠く、後半戦で先発起用されたのはわずか4試合。アウグスブルクはなんとか残留圏でフィニッシュしたものの、ユベントスでリーグ7連覇に貢献した経験をチームに還元することはできなかった。

エメル・トプラク(ブレーメン)
生年月日:1989年7月21日(31歳)
市場価格:350万ユーロ(約4.2億円)
今季リーグ戦成績:10試合出場/0得点0アシスト

 昨季、リーグ戦9試合の出場に終わったエメル・トプラクは、出場機会を求めてドルトムントからブレーメンへの期限付き移籍を決断した。

 今季は度重なる負傷によりプレー時間は限られ、思うようなパフォーマンスを見せることができなかった。ふくらはぎの怪我からウインターブレイク明けに復帰したが、チームは連敗を喫し、自身は3月のDFBポカール(ドイツ杯)で相手選手にふくらはぎを踏まれて負傷している。

 チームは入れ替え戦をアウェイゴール数で上回ってかろうじて残留を決めたが、トプラクは負傷した3月の試合を最後にプレーすることはなかった。なお、残留を決めたことでトプラクは完全移籍で来季もブレーメンでプレーすることになっている。

リュカ・エルナンデス(バイエルン)
生年月日:1996年2月14日(24歳)
市場価格:5600万ユーロ(約67.2億円)
今季リーグ戦成績:19試合出場/0得点1アシスト

 昨夏、8000万ユーロ(約96億円)の移籍金でアトレティコ・マドリードからバイエルン・ミュンヘンに加入したリュカ・エルナンデス。ロシアワールドカップではフランス代表の優勝に貢献した期待のDFだったが、1年目のシーズンは期待を裏切る結果に終わった。

 序盤戦はセンターバックとサイドバックで併用されていたが、10月に右足首を手術して2か月以上に渡って離脱。エルナンデスが不在の間にダビド・アラバがセンターバック、左サイドバックには19歳のアルフォンソ・デイビスが定着し、エルナンデスは控え選手としてバイエルンの8連覇を見届けている。

ニコ・シュルツ(ドルトムント)
生年月日:1993年4月1日(27歳)
市場価格:1200万ユーロ(約14.4億円)
今季リーグ戦成績:11試合出場/1得点0アシスト

 ドルトムントは昨夏、2500万ユーロ(約30億円)を投じてニコ・シュルツを獲得した。ホッフェンハイムでドイツ代表になるまで成長したが、ドルトムントでの1年目は散々な結果に終わった。

 開幕戦では先発の機会を掴んだが、すぐにラファエル・ゲレイロにポジションを奪われている。後半戦は1度も先発の機会がなく、ルシアン・ファブレ監督の信頼を完全に失ってしまった。

MF

マリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
生年月日:1992年6月2日(28歳)
市場価格:1050万ユーロ(12.6億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/3得点0アシスト

 ブラジルワールドカップでマリオ・ゲッツェがドイツ代表を優勝に導く決勝ゴールを決めて、6年が経った。その後、ゲッツェはドルトムントに復帰。怪我や難病を乗り越え、昨季後半は6得点を挙げて、復活を期待させている。

 しかし、今季はベンチスタートが多く、なかなか出番が回ってこなかった。冬にはザルツブルクでセンセーショナルな活躍を見せていたアーリング・ハーランドが加入したこともあり、居場所を失ってしまった。

 ゲッツェは今季限りで契約が満了。6月に夫人の出産に立ち会ったため、新型コロナウイルスの衛生基準に満たすことができず、出場できないままチームを離れることになった。

マキシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)
生年月日:1996年12月8日(23歳)
市場価格:1300万ユーロ(約15.6億円)
今季リーグ戦成績:32試合出場/1得点3アシスト

 チームのレジェンド、クラウディオ・ピサーロより4歳下のフロリアン・コーフェルト監督に率いられたブレーメンで、マキシミリアン・エッゲシュタインは主力に成長。昨季はドイツ代表にも召集された有望株だった。

 ビッグクラブへのステップアップを断ってブレーメンとの契約を延長して臨んだ今シーズンは、入れ替え戦に進んだ低迷の一因となってしまった。負傷者が続出するチームで1年間プレーを続けたが、昨季に比べて大きくパフォーマンスを落としたシーズンとなった。

ケレム・デミルバイ(レバークーゼン)
生年月日:1993年7月3日(27歳)
市場価格:2400万ユーロ(約28.8億円)
今季リーグ戦成績:25試合出場/1得点5アシスト

 ホッフェンハイムの主力として3シーズンプレーしたケレム・デミルバイは昨夏、3200万ユーロ(約38.4億円)の移籍金でレバークーゼンに加入した。

 ドルトムントに移籍したユリアン・ブラントがつけていた背番号10が与えられたが、期待に応える活躍は見せられなかった。チームは5位に終わり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃している。

FW

ユスフ・ポウルセン(ライプツィヒ)
生年月日:1994年6月15日(26歳)
市場価格:2400万ユーロ(約28.8億円)
今季リーグ戦成績:22試合出場/5得点7アシスト

 ユスフ・ポウルセンは昨季、キャリアハイの15得点を挙げたが、今シーズンはわずか5得点に留まった。ライプツィヒは前半戦を首位で折り返したが、バイエルン・ミュンヘンに巻き返され、8連覇を許している。

 公式戦中断までの25試合で先発の機会はわずか10試合で、新加入のパトリック・シックに出場機会を奪われた。リーグ戦再開初戦で同点弾を決め、次戦では1得点2アシストと大暴れしたが、その矢先に右足首を痛めて残り7試合を全休した。

デイビー・ゼルケ(ブレーメン)
生年月日:1995年1月20日(25歳)
市場価格:500万ユーロ(約6億円)
今季リーグ戦成績:19試合出場/1得点1アシスト(ヘルタ・ベルリン)
11試合出場/0得点0アシスト(ブレーメン)

 ヘルタ・ベルリンのデイビー・ゼルケは今季、1得点1アシストと低調な前半戦を過ごした。ウインターブレイクを挟んで後半戦が始まり、迎えた移籍市場最終日、残留を争うライバルのブレーメンへの移籍が決まった。

 ゼルケにとってはトップチームデビューを果たした古巣への復帰となったが、残留を目指すチームの力になることはできなかった。結果的にチームは入れ替え戦を凌いで残留を決めたが、ゼルケはブレーメンでゴールを決めることができずにシーズンを終えている。

ベニト・ラマン(シャルケ)
生年月日:1994年11月7日(25歳)
市場価格:800万ユーロ(約9.6億円)
今季リーグ戦成績:25試合出場/4得点4アシスト

 ベルギー出身のベニト・ラマンは昨シーズン、デュッセルドルフで10得点を挙げる活躍を見せ、シャルケへ完全移籍を果たした。昨年9月にはベルギー代表としても初出場を飾り、評価を高めている。

 序盤戦はベンチに座る機会も多かったが、第12節からは4試合連続ゴールをマークし、昨季の14位から巻き返しを図りたいシャルケの希望となった。しかし、後半戦はチームでの序列も下がっていき、今シーズン決めたゴールはその4得点だけ。シャルケは2シーズン続けて下位に低迷している。

【了】