日本サッカー協会(JFA)が1日、8月1日から8月5日の日程で行われる予定だったU-19日本代表候補のトレーニングキャンプを中止すると発表。

 発表によると、U-19日本代表候補トレーニングキャンプ集合時に参加者全員に対して実施したSmartAmp法およびPCR検査の結果、参加者(選手)1名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められたという。

 当該者は発熱等の体調不良の症状はないが、公衆衛生上の観点から、トレーニングキャンプの中止を決定したとのこと。なお、参加者には濃厚接触者はいないことが確認されており、当該者以外の検査結果は全員陰性であると伝えている。