J2のFC町田ゼルビアは2日、同クラブに所属する19歳のFW晴山岬から新型コロナウイルス感染の陽性反応が検出されたことを発表した。

 クラブの発表によれば、晴山は1日に千葉県内で行われる予定だったU-19日本代表のトレーニングキャンプに合流し、集合時に参加者全員に行われた検査の結果により陽性反応が検出されたとのこと。現在は37.2℃の発熱があり、病院で療養中と説明されている。

 日本サッカー協会(JFA)は1日夜に、1日から5日まで予定されていたU-19日本代表のトレーニングキャンプを中止することを発表していた。選手1名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められたことが理由だったが、選手が誰であるかはその時点では明らかにされていなかった。

 JFAによれば、1名を除く他の検査結果は全て陰性であり、濃厚接触者はいなかったとされている。また町田も、7月31日に行われたJリーグ公式のPCR検査の結果が2日に判明し、晴山以外の全員が陰性だったと発表している。

 町田は2日にアウェイでJ2第9節の京都サンガF.C.戦を予定している。保健所による確認の結果、遠征メンバーおよび帯同スタッフに晴山との濃厚接触者はいないと判断されたため、Jリーグおよび京都との協議の結果、予定通り試合を開催するとのことだ。