Jリーグは4日、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた2020明治安田生命J1リーグ第7節サンフレッチェ広島対名古屋グランパスの試合を11月11日に行うと発表した。

 名古屋は25日、同クラブに所属する24歳のDF宮原和也から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表。続く26日にはMF渡邉柊斗とトップチームスタッフ1名からも陽性反応が検出された。Jリーグは先月26日の試合当日に試合を中止にすると発表した。

 エディオンスタジアム広島で7月26日に開催される予定だった同試合。代替日は11月11日に決まったが、キックオフ時刻やスタジアムなどの詳細は未定となっている。なお、中止となった7月26日分のチケットは全て払い戻しをする。代替開催日の観戦には再度チケットの購入が必要となる。