20位:アジア最高のFW

 世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高の選手は誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

——————————

FW:ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム)
生年月日:1992年7月8日(28歳)
市場価格:6400万ユーロ(約76.8億円)
今季リーグ戦成績:30試合出場/11得点11アシスト

 ハンブルガーSV、レバークーゼンで経験を積み、2015年にトッテナムへ加入。以降、プレミアリーグという世界最高峰の舞台で着実に力を伸ばし、今では「アジア人No.1ストライカー」と称されるようになった。そんな韓国人FWは、今季も攻撃の中心的存在として活躍。リーグ戦では、トッテナム加入以降初となる二桁得点&二桁アシストを記録している。

 韓国代表のエースでもあるこの男の武器はやはり「ドリブル」だろう。自慢の加速力とパワフルさを活かしてボールをどんどん前へ運ぶことができ、派手なフェイントを使わずとも相手をぶち抜くことを可能としている。今季のプレミアリーグ第16節、バーンリー戦で魅せた「70m独走弾」は、まさにそうした特徴がすべて詰まっていたと言えるだろう。何でもないところから違いを生み出す力は絶大だ。

 また、決定力に関してもワールドクラスのものが。とにかく利き足がどちらかわからないほど両足の精度が高く、ありとあらゆる場所からゴールを射抜いてくる。シュートに至るまでの動きなども抜群と言えるだろう。試合中にフラストレーションを溜め込んでしまう「メンタル面」は改善点だが、FWとして必要な能力はしっかり備わっている。

19位:33歳で初のプレミア得点王に

FW:ジェイミー・ヴァーディー(元イングランド代表/レスター)
生年月日:1987年1月11日(33歳)
市場価格:1600万ユーロ(約19.2億円)
今季リーグ戦成績:35試合出場/23得点5アシスト

 2015/16シーズンにレスターのプレミアリーグ制覇に貢献し、その名を世界に轟かせたベテランFW。同チーム在籍8年目を迎えた2019/20シーズンもエースとして活躍し、リーグ戦35試合の出場で23得点を挙げて自身初となるプレミアリーグ得点王に輝いた。「ミスター・レスター」の存在がなければ、クラブが上位に食い込むことはできなかったはずだ。

 今年で33歳となったが、自慢の「スピード」はまったく錆びついていない。相手の背後に抜け出す速さ、相手ディフェンス陣にプレスを仕掛ける速さはともに抜群で、常に危険な存在となっていた。なんてことないクリアボールですらゴールに結びつけてしまうその破壊力は、プレミアリーグ、いや、世界でもトップクラスのものがあるとみていいだろう。

 また、ストライカーには欠かせないシュートセンスももちろんピカイチ。ゴール前では冷静さを失わず、相手GKの届かないコースへ確実にボールを蹴り込むことができる。観る者を釘付けにするビューティフルゴールも決して少なくなく、何より継続して得点を奪うことができるFWとしての強靭なメンタリティーは、非常に魅力的と言えるだろう。

18位:レスター不動の右サイドバック

DF:リカルド・ペレイラ(ポルトガル代表/レスター)
生年月日:1993年10月6日(26歳)
市場価格:3200万ユーロ(約38.4億円)
今季リーグ戦成績:28試合出場/3得点2アシスト

 ポルトのリーグ優勝に貢献し、2018年にレスターへやって来た。プレミアリーグ1年目ながら大車輪の活躍を見せると、2018/19シーズンのレスター年間最優秀選手賞を受賞している。そして、今季も右サイドのファーストチョイスとして奮闘。怪我の影響でリーグ再開以降はピッチに立つことができなかったが、レスターにとって欠かせないピースであったことは誰の目にも明らかだ。

 ポルトガル代表としても活躍するサイドバックは、非常に「守備力」の高い選手。運動量が豊富で、ボールホルダーを決して自由にさせることがない。また、身長175cm・体重70kgと特別大柄な選手ではないが、「フィジカル」にも長けており、鋭いタックルで相手を無力化することができる。ディフェンス面で与える安心感はピカイチのものがあるとみていいだろう。

 さらに、数値「88」を記録するなど「スピード」も装備しており、とくにオーバーラップを仕掛けるダイナミックさは絶大だ。クロスの質も申し分なく、隙があれば「ドリブル」で中へ切り込んでフィニッシュに持ち込むこともあるなど、前線に厚みをもたらす動きにも定評がある。タッチライン際で発揮する攻守両面での働きぶりは、見事の一言である。

17位:マンUの若き背番号10

FW:マーカス・ラッシュフォード(イングランド代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1997年10月31日(22歳)
市場価格:6400万ユーロ(約76.8億円)
今季リーグ戦成績:31試合出場/17得点8アシスト

 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身であり、わずか18歳でトップチームデビューを果たした。その後、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を遂げると、昨季には伝統あるクラブの「背番号10」を継承。誰もが認めるエースとなった。そして、今季は自己ベストとなるリーグ戦17得点8アシストを記録。チームを来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場に導いている。

 22歳ながらワールドクラスの輝きを放つイングランド代表FWは、身体能力が抜群に高い。とくに「スピード」は同選手が持つ最大の武器であり、それを活かした「ドリブル」の切れ味も非常に魅力的だ。また、近年は「パス」の精度もメキメキと向上しており、サイドチェンジで攻撃のリズムを変えるといったプレーも目立ってきている。このあたりがさらに伸びてくれば、より怖い存在となるだろう。

 また、シュートセンスの向上に関しても目を見張るものが。2017/18シーズンはリーグ戦7得点、昨季は同10得点であったが、今季は17得点をマークしているなど、数字で見てもレベルアップしていることは明らかだ。オフ・ザ・ボールの動きなどはまだまだ磨いていく必要がありそうだが、ウイングとしてもCFとしても力を発揮できるこの男の存在は、ユナイテッドにとって貴重と言っていい。

16位:リバプールを30年ぶりの頂点に導いた男

MF:ジョーダン・ヘンダーソン(イングランド代表/リバプール)
生年月日:1990年6月17日(30歳)
市場価格:2800万ユーロ(約33.6億円)
今季リーグ戦成績:30試合出場/4得点5アシスト

 イングランド代表のジョーダン・ヘンダーソンが16位にランクインした。リバプールで主将を務める同選手は、卓越したリーダーシップと攻守に渡る献身性を発揮してチームを牽引。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)に引き続き、今季はプレミアリーグのトロフィーを天に掲げた。その活躍が評価され、イングランドサッカー記者協会(FWA)年間最優秀選手賞も受賞。見事に2019/20シーズンを彩った。

 リバプールでレジェンド級の輝きを放つヘンダーソンは、無尽蔵のスタミナを装備。それをフル活用したハードワークが特徴的で、ピッチの幅広いエリアをカバーすることができる。また、単純な「スピード」は落ちるが、ボールに対する反応は抜群に早く、常に高い集中力を保ってボールを刈り取る。こうしたプレースタイルは、ユルゲン・クロップ監督の目指すサッカーに欠かせないと言えるだろう。

 キック精度の高さも忘れてはならないポイント。周囲にボールを散らす安定感は抜群で、流れを一気に変えるワンタッチパスなどでモハメド・サラーやサディオ・マネといった選手の走力を活かすことも少なくない。ゴール前に顔を出してから繰り出すミドルシュートの破壊力もピカイチだ。また、インサイドハーフとアンカーを高いレベルでこなし、緊急事態時にはサイドバックやセンターバックを務める柔軟性も兼備しているなど、「IQ」もかなり高い選手と言えそうだ。