立正大淞南高が10日に声明文を掲載した。

 8日に新型コロナウイルスのPCR検査で同校の生徒1名が陽性と判定されたため、濃厚接触者としての生徒及び教員を検査し、多くの陽性者が確認された。島根県が9日に発表した資料によれば、高校関係者で陽性が確認された88名のうち、軽症の40人程度は感染症に対応した医療機関に入院、症状のない者は学校の寮で療養するという。いずれも軽症、無症状とのこと。

 この件に関して立正大淞南高が公式サイトを通じ「この度は、本校サッカー部の寮におきまして新型コロナウイルス感染症の大きな集団感染を起こしてしまい、島根県民の皆様、松江市民の皆様、寮や学校周辺の皆様、学校支援者の皆様、何より大切な生徒諸君、その大切なお子様をお預けいただいている保護者の皆様に多大なるご心配ご迷惑をお掛けする事態を招いてしまい心より深くお詫び申し上げます」との声明文を発表。

 今後に関しては「これから関係機関のご指導をいただきながら感染拡大防止と感染者の一日でも早い回復のために全力で取り組んでまいります。今後も本校に対して変わらぬご理解とご協力を賜りますように宜しくお願い申し上げます」とコメントしている。