バルセロナに所属する33歳のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが合法的にフリー移籍を実現させる方法が一つだけあるようだ。8月31日に英メディア『ESPN』が報じている。

 事の発端は、メッシがトランスファーリクエストをバルセロナに提示したことにある。2021年6月までバルセロナとの契約が残っているものの、現在の契約には一方的に契約を終了できる条項が含まれており、契約解除金7億ユーロ(約881億円)も無効で自由に移籍できると考えている様子だ。

 ただし、6月10日の締め切り期限を過ぎており、バルセロナ側は条項の効力は既に終了しているとの認識。スペインのラ・リーガも「契約解除金支払いが必要」との公式見解を示し、契約解除金が発生するとの見方が強まっている。

 しかし、同メディアによると、メッシが来季プレーしないことを約束した場合は合法的にフリー移籍が可能になるという。2021年6月まで待てばバルセロナとの契約も終了するため移籍金が発生しない。来季プレーしないという条件を呑む可能性は低いが、果たして…。