20位:2年目で一皮むけたMF

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のMFは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。
———————————————-

MF:フレッジ(ブラジル代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1993年5月5日(27歳)
市場価格:1750万ユーロ(約20億円)
今季リーグ戦成績:29試合出場/0得点0アシスト

 マンチェスター・ユナイテッド加入2年目の今季、フレッジはチームに欠かせない存在となった。不用意なボールロストが多く、期待に沿う活躍ができなかった1年目とは対照的な活躍だった。

 14年からブラジル代表に名を連ね、翌年のコパ・アメリカ(南米選手権)でプレー。18年のロシアワールドカップでは出場機会が回ってこなかったが、大会後に5200万ポンド(約73億円)とも言われる高額な移籍金でユナイテッドに加入している。

 169cmと小柄なセントラルミッドフィールダーで、ブラジル人らしい「テクニック」を持ち、独特なリズムの「ドリブル」でボールを運ぶ。広範囲をカバーするモビリティとボール奪取力に優れており、ユナイテッドの強力なカウンターの起点になっている。ネマニャ・マティッチ、ポール・ポグバといった同ポジションの選手とは異なるタイプの選手ということもあり、チームでは重宝されている。

19位:鉄人

MF:ジェームズ・ミルナー(元イングランド代表/リバプール)
生年月日:1986年1月4日(34歳)
市場価格:650万ユーロ(約7.8億円)
今季リーグ戦成績:22試合出場/2得点2アシスト

 残しているスタッツ以上に、ジェームズ・ミルナーはチームに大きな影響を与えている。副キャプテンとしてジョーダン・ヘンダーソンとともにリーダーシップをとり、ピッチに立てばハードワークを欠かさない。出場機会が回ってこなくとも一切不満を漏らさず、チームの模範となっている。

 上背はないが、「フィジカル」勝負では負けない身体の強さがある。右足のキックの精度は高く、プレースキッカーを務めることも多い。流動性の高いリバプールの攻撃においては、味方の空けたスペースを埋める戦術理解力や献身性が評価されている。

 かつてはサイドアタッカーとして鳴らしたが、リバプールでは4-3-3のインサイドハーフが主戦場となっている。しかし、チーム事情からサイドバックでプレーすることも多く、そのユーティリティー性もチームを大きく助けている。

18位:チェコから来た巨人

MF:トマーシュ・ソーチェク(チェコ代表/ウェストハム)
生年月日:1995年2月27日(25歳)
市場価格:1800万ユーロ(約21.6億円)
今季リーグ戦成績:17試合出場/8得点3アシスト(スラビア・プラハ)
13試合出場/3得点0アシスト(ウェストハム)

 トマーシュ・ソーチェクは18歳のときにスラビア・プラハに加入した。18/19シーズンには守備的MFながら公式戦で18得点をマークする活躍を見せている。

 今シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもプレー。グループステージでは勝利を収めることができなかったが、プラハはインテルとバルセロナから勝ち点1を奪った。ソーチェクは両試合にキャプテンマークを巻いてフル出場している。

 ソーチェクは今年1月にウェストハムに移籍すると、デイビッド・モイーズが直前に就任したチームですぐに定位置を確保した。リーチの長さを活かしたボール奪取が特徴で、センターバックとしてもプレーできる守備力を備えている。192cmの恵まれた体格はセットプレーでも武器になっている。

17位:ウルブズの司令塔

MF:ルベン・ネヴェス(ポルトガル代表/ウォルバーハンプトン)
生年月日:1997年3月13日(23歳)
市場価格:5000万ユーロ(約60億円)
今季リーグ戦成績:38試合出場/2得点2アシスト

 ルベン・ネヴェスは17歳のときにポルトでデビューしている。UEFAチャンピオンズリーグでは大会最年少の18歳221日でキャプテンマークを巻いた。この翌月にはポルトガル代表にも選出され、初出場を果たしている。

 ビッグクラブも興味を示す中で、ネヴェスが選んだのはチャンピオンシップ(2部)のウォルバーハンプトンだった。17年夏に移籍すると、1年目からレギュラーとして活躍してチームの昇格に貢献。プレミアリーグでも上位を争うウルブズの中心選手としてプレーしている。

 右足から放たれるキックの精度が高く、ショートパスやサイドへのロングパスでゲームメイクをする。ミドルレンジからのシュートはネヴェスの武器で、GKとDFが届かないコースへ蹴るコントロールを備えている。

16位:レスターが誇るゲームメイカー

MF:ユーリ・ティーレマンス(ベルギー代表/レスター)
生年月日:1997年5月7日(23歳)
市場価格:4400万ユーロ(約52.8億円)
今季リーグ戦成績:37試合出場/3得点6アシスト

 昨冬にモナコからレスターに加入したユーリ・ティーレマンスは今季、ブレンダン・ロジャース監督率いるレスターの躍進を支えた。19/20シーズンは4-3-3のインサイドハーフを主戦場に、公式戦44試合に出場。5得点8アシストという数字を残している。

 アンデルレヒトでは16歳でデビューし、この歳でUEFAチャンピオンズリーグでもプレーしている。19歳からはベルギー代表でもプレーしており、18年のロシアワールドカップでは3位入賞に貢献。レスターが支払った移籍金は4000万ポンド(約54億円)で、当時のクラブ最高額だったと言われている。

 両利きと間違えるほど左足からでも精度の高いボールを蹴ることができる。ボールキープ力が高く、中盤で溜めを作ってスルーパスを繰り出す。戦術理解も年々向上し、完成度の高いゲームメイカーに成長している。

【了】