【1860ミュンヘン 1-2 フランクフルト DFBポカール1回戦】
 
 ドイツ杯(DFBポカール)1回戦、1860ミュンヘン対アイントラハト・フランクフルトの試合が現地時間12日に行われた。フランクフルトが2-1の勝利をおさめている。

 フランクフルトに所属する長谷部誠はベンチ入りを果たし、鎌田大地は先発起用された。18分、フランクフルトのドミニク・コールがシュートを放つがポストに弾かれて先制ならず。反対に24分には、フランクフルトがピンチを迎えるも相手のシュートが外れて失点を免れた。

 すると51分、右サイドからのクロスをバス・ドストが折り返し、アンドレ・シルバがヘディングで押し込んでフランクフルトに先制点が入る。56分には、シルバからのクロスをドストが頭で押し込み追加点。しかし、78分に1860ミュンヘンのフィリップ・シュタインハートにPKを決められてしまう。それでもリードを守り切ったフランクフルトが2-1の勝利をおさめ2回戦進出を果たした。

【得点者】
51分 0-1 シルバ(フランクフルト)
56分 0-2 ドスト(フランクフルト)
78分 1-2 シュタインハート(1860ミュンヘン)