アタランタに所属する29歳のコロンビア代表FWルイス・ムリエルが、2020/21シーズンにおいてユベントスがセリエA優勝を飾るのは難しくなると予想した。15日にイタリアの『スカイスポーツ』が報じている。

 2019/20シーズンは最後までインテルと優勝争いを演じながらも、ユベントスが勝ち点差1で前人未到の9連覇を達成した。アタランタを3位に導き、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献したムリエルは昨季リーグ戦34試合で18得点1アシストの活躍を見せている。

 今季の展望についてムリエルは「インテルは重要な選手と共に強化されており、ミランは熱意と成功を望んでいる。常に順位のトップにいる3つのチーム、ローマ、ラツィオ、ナポリも争いから除外することは出来ない。そして、僕たちもいる。それは素晴らしい戦いになるだろう。ユベントスが優勝するのは容易ではないと思う」と、ユベントスの10連覇阻止に向けて意気込みを語っている。