バイエルン・ミュンヘンは現地時間15日、同クラブに所属するフランス代表MFキングスレイ・コマンが新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触と断定され、自己隔離となっていると発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 クラブの発表によると、コマンは新型コロナに感染した者と接触。現在はバイエルンの練習に参加しておらず、ガイドラインに従い、自己隔離となっている。コマンは13日に新型コロナに関する検査を受診。陰性と診断されていたという。

 バイエルンは9月18日に今季の開幕戦となるシャルケ戦を控えている。ウェブ会議アプリなどを使用して自宅でコンディション維持に努めているというコマン。18日のシャルケ戦の出場は微妙かもしれない。