Jリーグは17日、入場者数の水増しなどでJ3のブラウブリッツ秋田に罰金400万円を科したことを発表した。

 Jリーグの発表によると、対象事案は2つ。1つは、秋田は2014シーズンのJ3リーグ開幕戦~2019シーズンの開幕戦までのホームゲーム全85試合でJリーグ規約と試合実施要項の入場者数算定方法を用いておらず、入場者数を正確にカウントできていなかったこと。

 2つ目は、Jリーグに提出する公式記録に虚偽の入場者数を記載したこと。秋田は「スタジアムの各入場口でカウントした入場者数を集計した合計入場者数の10%程度」と「入場者数に算入できない運営ボランティア、運営スタッフ、出店者、メディアを少なくとも1試合平均75~120名」を公式入場者数として発表したという。これにより、Jリーグは秋田に対して罰金400万円を科した。

 Jリーグは秋田のこの水増し問題について「本件行為は、試合運営体制の不備により各入場口でカウントした入場者数が目視による観客数を下回っていたことが契機になって始まったものであり、役員らは試合実施要項が規定する入場者数の算定方法、クラブにおける実際の算定方法、及び両者の差異のいずれについても十分な認識がなかった」と説明している。

 また、Jリーグは懲罰理由について「入場者数の算定方法は、クラブとして順守すべきルールであるにもかかわらず、クラブの役員らはこれに関心を払わず、ルール順守のための体制整備を怠って本件行為を放置してきたものである上、2017年に類似の事案(入場者数の水増し)が明らかになった際も、自らの運用を顧みず、その後も本件行為を続けてきたものであり、その責任は重い」としている。