UEFAヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦が各地で行われた。森岡亮太の所属するシャルルロワ、食野亮太郎の所属するリオ・アヴェがともにプレーオフ進出。橋本拳人の所属するロストフと浅野拓磨の所属するパルチザン・ベオグラードは予選敗退となった。

 森岡のシャルルロワは浅野のパルチザンと対戦。2-1で森岡が日本人対決を制した。森岡と浅野はともに先発出場。シャルルロワは森岡のCKが起点となり、先制に成功した。パルチザンは浅野の右サイドのクロスから、スマーが決め同点に追いつく。試合は延長に入り、118分にレザーイーのFKでシャルルロワが勝ち越し。2-1でシャルルロワが勝利を収め、プレーオフ進出となった。

 食野のリオ・アヴェはベシクタシュと対戦。食野は1点ビハインドの79分に途中出場を果たし、リオ・アヴェは直後の85分に同点に追いつく。PK戦の末、リオ・アヴェが勝利を収めプレーオフ進出となった。

 橋本のロストフはイスラエルのマッカビ・ハイファと対戦。1-2の敗戦を喫した。橋本は1点ビハインドの64分に途中出場。68分にグレボフが退場したこともあり、同点に追いつくことができず。ロストフはプレーオフ進出を逃した。

 その他では、PSVがスロベニアのNSムラに5-1の勝利、トッテナムがマケドニア共和国のKFシュケンディヤに3-1の勝利、ガラタサライがクロアチアのハイドゥク・スプリトに2-0の勝利、ACミランがノルウェーのFKボデ/グリムトに3-2の勝利を収めている。

 ELプレーオフでは、食野のリオ・アヴェはミラン、森岡のシャルルロワはポーランドのレフ・ポズナン、トッテナムはマッカビ・ハイファ、ガラタサライはレンジャーズと対戦することが決定している。