ビジャレアルに所属する日本代表MF久保建英が、スペイン版『90min』の「21歳以下のスター選手10人」に選出された。

 昨季はレアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍し、世界のサッカーファンにインパクトを与えた久保。今季はビジャレアルでプレーしている。ビジャレアルを率いるウナイ・エメリ監督が熱望していたと伝えられていたが、ここまで出場した3試合全てが途中出場。まだ先発起用はない。

 しかし、久保の先発起用を期待する声は少なくなく、多くの海外メディアが注目している。そんな中、同メディアが「21歳以下のスター選手10人」と題し、将来期待のU-21選手を紹介。久保も選出されている。

 アトレティコ・マドリードのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスやバルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが名を連ねる中、久保は9番目に紹介されている。

 同メディアは「タケフサ・クボは日本の素晴らしい真珠だ。この若いプレイヤーは最初からすでに目立っていた。マドリーは彼を獲得する機会を失わなかった。今、彼らはビジャレアルでのタレントに満足している。彼らはすでに素晴らしいポテンシャルを持つ選手であることを少し証明した」と久保を評価している。

 久保やフェリックス、ファティの他には韓国代表FWイ・ガンインなども選出されている。『90min』が選出した「21歳以下のスター選手10人」は以下の通り。

1. ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)
2. アンス・ファティ(バルセロナ)
3. マルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダ)
4. ジュール・クンデ(セビージャ)
5. リキ・プッチ(バルセロナ)
6. ぺドリ(バルセロナ)
7. ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
8. ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリード)
9. 久保建英(ビジャレアル)
10. イ・ガンイン(バレンシア)