スペイン2部のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司は、契約解除に向けた条件がクラブとの間で合意に達し、今日にも退団が発表されることになるとみられている。

 昨季加入したサラゴサで期待に応えるだけのパフォーマンスを見せられず、今季は構想外とされた香川。2つしかないEU外外国人枠は他の選手によって占められ、今季のサラゴサでは正式に登録メンバーから外れることが確定した状況となっていた。

 サラゴサとの間では、もう1年残された契約の解除に向けた交渉が行われていた。29日にはクラブと代理人の間で会談が行われ、双方が合意に達したとようだ。

 最終的にサラゴサは、現在の香川の年俸である60万ユーロ(約7400万円)と、香川が次のクラブで受け取る報酬の差額を負担することで合意したとスペイン『アス』紙は伝えている。その差額を今後6ヶ月間に3回の分割で支払うとのことだ。

 スペインでのプレー続行を希望している香川には、今季2部に昇格したサバデルが関心を示しているとも報じられている。だがスペイン『エル・デスマルケ』は、サバデルが提示できる給与は10万ユーロ(約1230万円)程度であり、その場合は残りの50万ユーロをサラゴサが負担しなければならないとも伝えている。

『アス』は29日中に退団の正式発表があるとの見通しも示していたが、発表は行われなかった。『デスマルケ』は30日に発表が行われるとしている。