【ウニオン・ベルリン 4-0 マインツ ブンデスリーガ第3節】

ブンデスリーガ第3節、ウニオン・ベルリン対マインツが現地時間2日に行われた。ホームのウニオンが4-0の勝利を収めた。

 今夏、横浜F・マリノスからレンタル移籍でウニオンに加入したMF遠藤渓太は途中出場でブンデスリーガデビューを果たした。出場時間は8分だったが、得意のドリブルを見せた。

 ウニオンは移籍後先発のクルーゼがゴールを決め、先制に成功。前半は1-0で折り返すが、後半に3得点でリードを4点に広げる。ウニオンの4点リードで迎えた82分に遠藤が途中出場。この瞬間、遠藤はブンデスデビューとなった。

 短い出場時間であまりボールを触ることができなかったが、87分に得意のドリブルを見せた。プレシーズンマッチでの負傷により、開幕に間に合わなかった遠藤だが、ようやくブンデスデビューとなった。今後の活躍に期待がかかる。

 勝利したウニオンはこれで今季初白星。暫定で3位に立っている。

【得点者】
13分 1-0 クルーゼ(ウニオン・ベルリン )
49分 2-0 イングバルトセン(ウニオン・ベルリン )
63分 3-0 フリードリヒ(ウニオン・ベルリン )
64分 4-0 ポーヤンパロ(ウニオン・ベルリン )