【シント=トロイデン 0-0 コルトレイク ベルギー1部第8節】

 ベルギー1部リーグ第8節のシント=トロイデン対コルトレイクが現地時間3日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わった。シント=トロイデンのFW鈴木優磨がフル出場している。

 日本代表のメンバーから外れた鈴木は、序盤からアグレッシブな姿勢を見せた。相手の激しいチェックにあっても果敢にゴールを狙っていく。

 55分にはスルーパスに抜け出した鈴木がシュートを放つもGKに止められた。このこぼれ球をイ・スンウが押し込もうとするも、枠をとらえきれない。

 押し込むシント=トロイデンは、残り20分で数的優位に。71分、相手FWセレマニがひじで相手を小突いたことがVARで確認された。

 シント=トロイデンは90分、左からのクロスに鈴木が飛び込むも、ボールがわずかに高く、頭に当てるのが精一杯。このチャンスもいかせなかった。

 結局、試合は0-0のまま終了。シント=トロイデンは3試合連続の無得点に終わっている。