スペイン1部のエイバルは、セビージャから21歳のアレハンドロ・ポソと19歳のブライアン・ヒルの2選手を今季末までのレンタルで獲得することが決定した。5日に両クラブから発表が行われている。

 U-21スペイン代表のポソは右ウイングや右サイドバックとしてプレー。セビージャの下部組織からトップチームにデビューし、2018/19シーズンには2部のグラナダでレギュラーとしてプレーした。昨季はセビージャに戻ったあと後半戦はマジョルカへレンタルされ、久保建英とチームメートとしてプレーしていた。

 U-19スペイン代表のヒルも同じくセビージャの生え抜き選手。2019年に17歳でのトップチームデビューを飾ったあと、リーガ1部で初めてゴールを決めた21世紀生まれの選手となった。昨季の後半戦はレガネスへレンタルされていた。

 ヒルは主に左ウイングとしてプレー。エイバルでは乾貴士とポジションを争うことになると見込まれている。

 乾は今季のエイバルでここまでリーグ戦5試合全てに先発出場。エイバルにはFW武藤嘉紀も加入し、最近2試合では乾とともに先発で起用されている。