アーセナルからアトレティコ・マドリードへ期限付き移籍した24歳のウルグアイ代表MFルーカス・トレイラに関して、同選手の代理人がレンタル契約の中に買い取りオプションが含まれていないことを明かした。7日にスペイン紙『アス』がウルグアイのラジオ局『Sport890』の情報をもとに報じている。

 アトレティコが5日、トレイラの獲得を発表。その際、同紙は2000万ユーロ(約24億9000万円)の買い取りオプションも付いていると伝えていた。しかし今回、同紙はトレイラの代理人を務めるパブロ・ベンタンクール氏が「買い取りオプションなしで1年間貸し出されたため、価格は定義されていない」と語ったことを理由に「したがって、レンタル期間が終了したときに、すでに合意されたと考えられていた金額で同選手を確実に確保できる可能性が否定された」と伝えている。つまり、トレイラは買い取りオプションなしのレンタル契約となっているようだ。

 2018年7月にサンプドリアからアーセナルへ移籍したトレイラ。加入初年度は公式戦50試合に出場し2得点5アシストの活躍を見せている。2019/20シーズンは公式戦39試合で2得点1アシストを記録していたが、怪我の影響もありプレー時間が減少していた。新天地となるアトレティコでは、どのような活躍を見せるのだろうか。