アーセナルに所属する31歳の元ドイツ代表MFメスト・エジルが、ヨーロッパリーグ(EL)の登録外となった。7日に英紙『メトロ』が報じている。

 同紙によると、アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督によってエジルがEL登録メンバーから除外されたという。プレミアリーグは9月12日に開幕したが、第4節を終えた時点でエジルは1試合もプレーしていない状況にある。そのため、EL出場が期待されたが、その可能性も消滅した。なお、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスもEL登録外となっている。ローマ移籍に近づいていたが、移籍終了期限までに交渉が成立しなかった。

 エジルは今年3月以降、出場機会を得ていない。夏の移籍市場で他クラブに移る可能性もあったが、週給35万ポンド(約4800万円)という高給取りのため、適切なオファーは届かず。戦力外の状況が続くと見られるものの、2021年6月まで残るアーセナルとの契約を全うすることを主張していた。