レアル・マドリードとビジャレアルの間に日本代表MF久保建英のレンタル契約早期解除条項はないようだ。スペイン『アス』が現地時間8日に報じた。

 今夏の移籍市場でマドリーからビジャレアルにレンタルとなった久保。ウナイ・エメリ監督が獲得を熱望していたと伝えられていたが、開幕から5戦連続のベンチスタート。サポーターなどからも久保の先発起用を望む声があがっている。

 そんな中、このままの状態が続けば、久保は来年1月にレンタル契約が解除される可能性があると複数の海外メディアが報じていた。しかし、スペイン『アス』によると、マドリーとビジャレアルとの契約に久保の早期契約解除の条項は含まれていないという。

 また、同メディアは「契約条項によると、マドリーにはこの日本人を早期復帰させる権限はない。久保がビジャレアルを出る唯一のオプションとして、契約を全うすること。ビジャレアルはマドリーから何の苦情も受け取っていない」と報じ、久保がマドリーに早期復帰する可能性を否定している。

 マドリーや日本の将来を担う19歳の久保。今後の出場時間増に期待したい。