【日本 0-0 カメルーン 国際親善試合】

 国際親善試合、日本代表対カメルーン代表の試合が9日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わっている。

 ビジャレアルに所属する久保建英は65分からプレー。3-4-2-1の2シャドーの一角に入った久保は、「オープンゲームになってきていたので、空いたスペースから前にボールを運べたらという意識で入りました」とコメント。「途中出場の選手がもっと流れを変えなければいけない」とも話している。

 後半アディショナルタイムには右サイドの角度のない位置からのFKを直接狙う場面も。「ちょっと壁の位置がよくなかったので狙えるかなと思ったので、最後だし、蹴ってみようかなと思って蹴ったんですけど」とそのときの狙いを語った。ボールは枠を捉えたが、惜しくもGKに阻まれ、試合はそこでタイムアップとなっている。

 日本代表は13日にコートジボワール代表と対戦する。久保には代表初ゴールの期待がかかる。

【了】