コンディション不良のため日本代表を離脱したマルセイユDF長友佑都が、自身の公式ツイッターで練習へ復帰したことを報告した。

 長友は、今回のオランダ遠征に臨む日本代表に選出されていた。現地時間4日に行われたリーグアン第6節のリヨン戦ではベンチ入りメンバーからも外れていた。そして、日本サッカー協会(JFA)は5日、長友の離脱を発表。「コンディション不良のため」と説明した。仏メディア『オンズ・モンディアル』は胃腸炎発症のために緊急入院したと報じていた。

 長友は13日に自身の公式ツイッターを更新。笑顔で両方の親指を立てている自身の写真を投稿。「練習復帰しました!久しぶりの練習楽しかった!これからコンディション上げていきます」とコメントし、練習に復帰したことを報告した。

 マルセイユは代表ウィーク明けの現地時間17日にボルドーと対戦する予定。長友はこの試合に出場することになるのだろうか。