【イタリア 1-1 オランダ UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ1組第4節】

 UEFAネーションズリーグ・リーグAグループ1組第4節、イタリア代表対オランダ代表の試合が現地時間14日に行われ、試合は1-1の引き分けに終わった。試合後の記者会見でイタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が、オランダ代表の布陣に驚いたことを明かした。イタリアのテレビ番組『RAISport』の情報をもとに伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 第3節のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で4-2-3-1のフォーメーションを採用していたオランダ。しかし、今回のイタリア戦では5-3-2のフォーメーションを採用し、DFラインにデイリー・ブリント、ナタン・アケ、フィルジル・ファン・ダイク、ステファン・デ・フライ、ハンス・ハテブールの5人を並べて試合に臨んでいる。

 相手の布陣にマンチーニ監督は「彼らがこのシステムを採用したのは初めてだったため驚いた。しかし、それによって非常に難しい試合になることを私たちもわかっていた」と語り、驚いたことを明かしている。4-3-3の布陣を採用したイタリアは16分、ロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制。だが、25分にオランダのドニー・ファン・デ・ベークにゴールを決められ、試合は1-1の引き分けに終わっている。