レアル・マドリードに所属するベルギー代表FWエデン・アザールが、バルセロナとのクラシコを欠場することになるようだ。スペイン『マルカ』が現地時間15日に報じた。

 アザールは代表ウィーク前に右足の筋肉を負傷し、選出されていたベルギー代表の試合を欠場していた。マドリーは怪我のリスクを考慮し、アザールは17日のカディス戦、21日のシャフタール戦、さらにはバルセロナとの今季初クラシコも欠場となるようだ。

 同メディアによると、アザールは順調に回復しているが、マドリーはアザールが100%に近い状態になるまで待つことを優先させ、同選手の復帰を急がないという。

 また、アザールの他にDFアルバロ・オドリオソラとDFダニエル・カルバハルもクラシコには間に合わない見通しであると伝えられている。負傷者の多いマドリーは、今季初クラシコでバルセロナに勝利することができるのだろうか。