【ケルン 1-1 フランクフルト ブンデスリーガ第4節】

ブンデスリーガ第4節、ケルン対フランクフルトが現地時間18日に行われた。試合は1-1のドローに終わっている。

 開幕から3試合連続の先発となっている日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠はともに先発出場となった。鎌田は決定機があったものの、決めきれず。長谷部はDFで存在感を発揮した。

 フランクフルトは前半ATにPKを獲得。シルバがこのPKを決め、フランクフルトが1-0で前半を折り返す。49分、右サイドからのマイナスのボールを鎌田がフリーで空振り。こぼれたボールに対して再び鎌田がシュートを放つが、ボールは大きくゴール上に外れた。

 52分、フランクフルトはドゥダにゴールを決められ、振り出しに戻される。その後、両チーム決定機を活かすことができず。試合は1-1の引き分けに終わった。フランクフルトは開幕から4試合負けなしとなっている。

【得点者】
45+2分 0-1 シルバ(フランクフルト)
52分 1-1 ドゥダ(ケルン)