【PSG 1-2 マンU CLグループH組第1節】

 チャンピオンズリーグ(CL)グループH組第1節、パリ・サンジェルマン(PSG)対マンチェスター・ユナイテッドの試合が現地時間20日に行われ、ユナイテッドが2-1の勝利をおさめている。試合後、ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が選手たちのパフォーマンスを評価した。20日に英紙『ガーディアン』が報じている。

 23分にブルーノ・フェルナンデスがPKを決めてユナイテッドに先制点が入るも、55分にアントニー・マルシャルのオウンゴールによって失点し、PSGに同点に追いつかれてしまう。それでも87分、ポール・ポグバのアシストからマーカス・ラッシュフォードが勝ち越しゴールを決め、ユナイテッドが2-1の勝利をおさめた。

 スールシャール監督は「私たちは世界最高のクラブの一つである素晴らしいチームに勝利した。ヴィクトル・リンデロフとアクセル・トゥアンゼベは凄まじいプレーをしたと思う。前回は3-1の勝利をおさめたが、今回は前回よりも良いパフォーマンスだった。そのパフォーマンスは私たちが成長したことを示していたし、特にスコット・マクトミネイとフレッジは傑出していたよ」と語り、選手たちのパフォーマンスに満足した様子を見せている。