ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のビジャレアル対スィヴァススポル(トルコ)戦が現地時間22日に開催される。ビジャレアルの日本代表MF久保建英にとっては移籍後初先発のチャンスとなりそうだ。

 レアル・マドリードからのレンタルで今季ビジャレアルに加入した久保だが、リーガエスパニョーラでは開幕から6試合を戦って先発出場なし。17日のバレンシア戦では終了間際に退場処分も受けてしまった。

 リーガ次節のカディス戦は出場停止となることが見込まれるが、ELの試合には出場可能。ウナイ・エメリ監督もスペイン『コペ』のインタビューの中で久保について話をする中で、スィヴァススポル戦は「出場機会の少ない選手たちがプレー時間を得るチャンス」だと述べていた。

 スペイン紙『アス』でも、ビジャレアルがメンバーのローテーションを行う上で先発入りが見込まれる選手の一人として久保の名前を挙げた。「この試合の新顔となりそうなのはヘロ(ニモ)・ルジ、(ラミロ・)フネス・モリ、ハウメ・コスタ、タケ・クボ、カルロス・バッカ。彼らは今季初先発の可能性が十分にありそうだ」としている。

 欧州サッカー連盟(UEFA)のスペイン語版公式サイトでも試合に向けたプレビュー記事の中で久保に言及。「この試合を含めたグループステージは、タケ・クボ、カルロス・バッカ、マヌ・トリゲロス、ヘロニモ・ルジ、フネス・モリなどの選手たちにプレー時間を与える機会になるだろう」と記している。