欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトで22日、ヨーロッパリーグ(EL)第1節における「プレイヤー・オブザ・ウィーク(POTW)」の候補者4人が選出された。スィヴァススポル戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保建英もノミネートされている。

 スィヴァススポル戦で加入後初先発を果たした久保は13分、サミュエル・チュクウェゼが放ったシュートがスィヴァススポルのGKママドウ・サマッサに防がれた後、こぼれ球に素早く反応して先制点を決めた。20分には、久保の縦パスからカルロス・バッカが追加点。

 33分に失点した後、37分には久保のパスから相手のファールを誘発してPKを獲得した。だが、バッカのPKはGKサマッサに止められてしまう。43分にも失点して同点に追いつかれるが、57分に久保のコーナーキックからフアン・フォイトが得点し再びビジャレアルが勝ち越し。その後も点の取り合いとなるが、パコ・アルカセルの2ゴールによってビジャレアルが5-3の勝利をおさめている。

 UEFAは1得点2アシストで勝利に貢献したビジャレアルの久保、レフ・ポズナン戦でハットトリックを達成したベンフィカのFWダルウィン・ヌニェス、スパルタ・プラハ戦で3得点決めたリールのMFユスフ・ヤズジュ、1得点2アシストでレスター・シティの勝利に貢献したケレチ・イヘアナチョの4選手を選出。果たして、どの選手がEL第1節の最優秀選手に選ばれるのだろうか。