【FC東京 0-4 横浜F・マリノス J1第28節】

 明治安田生命J1第28節のFC東京対横浜F・マリノス戦が24日に行われ、アウェイの横浜FMが4-0で勝利を収めた。

 今週末に開催されているJ1の他の試合は第24節だが、この1試合のみは第28節。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場の影響により日程が前倒しされた試合の開催となった。

 前半を優位に含めて決定的な形でゴールに迫ったのはFC東京。だが26分には三田啓貴がフリーで放ったボレーシュートが枠を外れ、前半終了間際にもカウンターから綺麗に組み立てたが安部柊斗のシュートが外れるなどチャンスを活かすことができない。

 後半に入っても横浜FMは押し込まれる展開が続いたが、54分には訪れたチャンスを逃さず先制点を奪う。右サイドに持ち込んだエリキからの横パスをゴール前で受けたジュニオール・サントスがバランスを崩しながらもシュートに持ち込みネットを揺らした。

 さらにそのわずか2分後にも再びJ・サントス。FC東京のゴール前での競り合いからこぼれたボールをエリア左で拾うと、アルトゥール・シルバをかわしてGKの逆を突くゴール左隅へのシュートを突き刺した。J・サントスはこれで今季二桁達成の10得点目。

 優位に試合を進めながらもあっという間に2失点を喫したFC東京は、63分にA・シルバが相手に腕を出してレッドカードを受けてしまう。アディショナルタイムには前がかりとなったFC東京の守備の裏を突いて水沼宏太がシュートに持ち込み、DFに当たったボールがオウンゴールとなって横浜FMが3点目を加えた。

 最後まで攻め続ける横浜FMは95分にもエリキが今季12点目となるゴール。終わってみれば横浜FMが大量リードを奪って勝利を収める結果となった。

【得点者】
54分 0-1 ジュニオール・サントス(横浜FM)
56分 0-2 ジュニオール・サントス(横浜FM)
90+1分 0-3 オウンゴール(横浜FM)
90+5分 0-4 エリキ(横浜FM)