ブラジル代表のレジェンドである元同国代表のロナウジーニョ氏は、新型コロナウイルス感染の陽性反応が検出されたことを明らかにした。25日に自身のインスタグラムで発表を行っている。

 ロナウジーニョ氏はブラジルのベロオリゾンテで開催されるイベントに参加を予定し、24日に現地に到着していた。だがウイルス感染が確認されたことで参加を中止したとのことだ。

「新型コロナの検査で陽性になった。今は大丈夫で、症状はない。だがイベントはまた今度にしなければならない。また近いうちに会おう」とロナウジーニョ氏はコメントしている。

 現在40歳のロナウジーニョ氏は現役時代にブラジル代表やバルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマンなどで活躍。今年3月には偽造パスポート所持の疑いによりパラグアイで逮捕され、保釈されたあとも同国のホテルを出ることが認められない状況が続いていたが、8月にようやくブラジルに帰国できることになった。