【ビジャレアル 5-3 スィヴァススポル ELグループI組第1節】

 ヨーロッパリーグ(EL)グループI組第1節、ビジャレアル対スィヴァススポルの試合が現地時間22日に行われ、ビジャレアルは5-3の勝利をおさめた。この試合でビジャレアル加入後初先発を果たし、1ゴール2アシストの活躍を見せた久保建英。同選手の活躍をもう一度振り返ろう。

 今夏の移籍市場でレアル・マドリードからビジャレアルにレンタル加入した久保だが、この日までの公式戦6試合はベンチスタートが続いていた。この日初めてスタメン起用された久保は13分、サミュエル・チュクウェゼが放ったシュートがスィヴァススポルのGKママドウ・サマッサに弾かれた後、こぼれ球に素早く反応して先制点を決める。

 20分には、久保の縦パスからカルロス・バッカが追加点。33分に失点するが、37分には久保のパスから相手のファールを誘発してPKを獲得した。しかし、バッカのPKはGKサマッサに止められてしまう。

 43分にも失点して同点に追いつかれるが、57分に久保のコーナーキックからフアン・フォイトがゴールを決めて再びビジャレアルが勝ち越し。その後に3失点目を喫するも、パコ・アルカセルの2ゴールによってビジャレアルが5-3の勝利をおさめている。久保にとっては、ELデビュー戦で1得点2アシストの大活躍を見せた試合となった。欧州サッカー連盟(UEFA)のCL公式ツイッターが、EL初ゴールを決める久保建英のプレーを動画付きで紹介している。