J2のジュビロ磐田は28日、MF今野泰幸が右膝内側側副靭帯損傷と診断されたことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 今野は21日に行われた2020明治安田生命J2リーグ第28節の東京ヴェルディ戦に先発。しかし65分過ぎに藤田譲瑠チマとの接触で右膝を負傷し、担架で運ばれ交代を余儀なくされた。

 今野は東京V戦後に浜松市内の医療機関で検査を受け、右膝内側側副靭帯損傷と診断された。全治は約6週間を要する見込みだという。

 今野はここまでリーグ戦6試合に出場。負傷交代となった東京V戦まで5試合に先発していた。現在8位の磐田にとって今野の離脱は痛手となるだろう。