エバートンは現地時間27日、サウサンプトン戦で一発退場となったDFリュカ・ディニュの処分が1試合の出場停止に軽減されたことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 プレミアリーグ第6節、サウサンプトン対エバートンが現地時間25日に行われた。サウサンプトンが2-0の勝利を収めた。この試合に先発したディニュだったが、72分に一発退場となった。

 71分、ディニュはカイル・ウォーカー=ピータースを後ろから倒してしまい、主審からレッドカードを提示された。規定では、一発退場となった選手は3試合の出場停止処分を課せられるが、エバートン側が異議を申し立て、それが認められたという。

 1試合の出場停止に軽減されたディニュは、11月1日に行われるニューカッスル戦には出場できないが、7日に行われるマンチェスター・ユナイテッド戦は出場可能となる。