【フランクフルト 1-1 ブレーメン ブンデスリーガ第6節】

 ブンデスリーガ第6節、アイントラハト・フランクフルト対ヴェルダー・ブレーメンの試合が現地時間10月31日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 フランクフルトに所属する長谷部誠と鎌田大地は先発出場を果たし、ブレーメンの大迫勇也はベンチ入りした。34分、アンドレ・シウバが放ったシュートはブレーメンのGKイリ・パブレンカに弾かれたが、こぼれ球を鎌田が押し込んでゴールネットを揺らす。しかし、直前のプレーでアンドレ・シウバがオフサイドだったと判定され、鎌田のゴールは取り消された。

 すると51分、中盤でボールを奪われてからのカウンターからブレーメンのジョシュ・サージェントに先制点を決められてしまう。それでも65分、鎌田がゴール前に折り返したボールにアンドレ・シウバが合わせてフランクフルトが同点に追いついた。その後はお互いに追加点を奪うことが出来ず、試合は1-1の引き分けに終わっている。

【得点者】
51分 0-1 サージェント(ブレーメン)
65分 1-1 シウバ(フランクフルト)