セルビア1部のパルチザンは10月31日、同クラブに所属するFWフィリップ・ステバノビッチが冬の移籍市場でマンチェスター・シティへ移籍することが合意に達したとして発表を行った。

 現在18歳のステバノビッチはパルチザンの下部組織で育ち、16歳だった2018年12月にトップチームデビュー。昨季からパルチザンに加入した浅野拓磨ともチームメートとしてプレーしている。

 17歳となった昨季は公式戦35試合に出場して9ゴールを挙げる活躍。今季もレギュラーとしてプレーし、U-21セルビア代表にも招集されている。

 今年夏にはマンチェスター・ユナイテッドからの関心も噂されていたが、シティが宿敵との争奪戦を制した形となった。セルビア『ノヴォスティ』は、移籍金850万ユーロ(約10億4000万円)に加えて次に他クラブに移籍する際の移籍金の10%がパルチザンに支払われる契約が交わされると伝えている。