J1の鹿島アントラーズは2日、同クラブ所属のMF和泉竜司が負傷し、6週間から8週間の離脱を強いられる見通しとなったことを発表した。

 和泉は先週末の10月31日に行われたJ1第25節の名古屋グランパス戦に先発出場したが、負傷により前半33分に交代していた。チームドクターによる検査の結果、左膝内側側副靭帯損傷と診断されたとのことだ。

 現在26歳の和泉は名古屋からの完全移籍で今季鹿島に加入。ここまでJ1で鹿島が戦った27試合全てに出場(先発20回、交代出場7回)し、3得点を記録していた。

 名古屋戦に敗れた鹿島は今季残り7試合となった状況で6位。最終節は12月19日に予定されており、和泉は現状の見通しどおりであれば今季のリーグ戦で復帰することは難しいかもしれない。