アトレティコ・マドリードは現地時間3日、バレンシアから27歳のMFジョフレイ・コンドグビアを獲得したことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 スペインでは10月5日で今夏の移籍市場が終了。だが、その最終日のタイムリミット直前にガーナ代表MFトーマス・パーテイがアーセナルへ移籍。そのため、スペインのレギュレーションによりアトレティコは国内他クラブからの緊急補強が認められることになっていた。

 アトレティコの発表によると、メディカルチェック通過後にクラブはコンドグビアと2024年までとなる4年契約を締結したという。

 現在27歳のコンドグビアはセビージャやモナコ、インテルなどでプレーした後、2017年にバレンシアに加入。今季もリーガエスパニョーラ開幕から5試合に先発出場していた。