【アーセナル 4-1 モルデFK ELグループB組第3節】

 ヨーロッパリーグ(EL)グループB組第3節、アーセナル対モルデFKの試合が現地時間5日に行われた。アーセナルが4-1の勝利をおさめている。

 EL初戦のラピード・ウィーン戦で2-1の勝利を飾った後、続く第2節のダンドークFC戦では3-0と快勝したアーセナル。2連勝で迎えた今回のモルデFK戦で、アーセナルはニコラ・ペペやウィリアン、エディ・エンケティアなどを先発起用している。

 22分、GKベルント・レノのパスが跳ね返された後、相手にボールを繋がれてモルデFKのマルティン・エリングセンに先制点を決められてしまう。それでも前半アディショナルタイム、モルデFKのクリストファー・ホーゲンのオウンゴールによってアーセナルが同点に追いついた。

 さらに62分、再び相手のオウンゴールによってアーセナルに追加点が入り逆転に成功。69分には、途中出場のブカヨ・サカからパスを受けたペペがチーム3点目を決める。88分にはペペのアシストからジョゼフ・ウィロックが得点し、アーセナルが4-1の勝利をおさめている。

【得点者】
22分 0-1 エリングセン(モルデFK)
45分+1分 1-1 オウンゴール(アーセナル)
62分 2-1 オウンゴール(アーセナル)
69分 3-1 ペペ(アーセナル)
88分 4-1 ウィロック(アーセナル)