J1の柏レイソルは6日、新たにトップチーム選手1名が新型コロナウイルス陽性判定となったことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

 柏で新型コロナ陽性者が確認されたため、JリーグとFC東京、柏は4日に緊急の合同会見を開き、7日に国立競技場での開催が予定されていた2020JリーグYBCルヴァンカップ決勝の中止が決定したことを発表した。

 5日には柏のトップチームスタッフ1名の新型コロナ陽性が確認。そして、今回トップチーム選手1名が陽性と判定されたことにより、計15名が陽性となった。

 クラブ公式サイトによると、今回陽性が確認された選手は3日にPCR検査を実施。4日に出た検査結果では再検査となり、同日に再検査を受け陰性と診断されていたが、同日夜に37.8度の発熱が確認された。四肢の痛みの症状がみられたという。5日に再度PCR検査を実施も陰性に。だが発熱が続き、病院での検査で肺にごくわずかな炎症が確認され、再度PCR検査を実施した。そして、6日にPCR検査の結果が出され、陽性と診断されたという。

 なお、これまで陽性が確認された選手4名、トップチームスタッフ11名については「大きな容体の変化は現時点ではございません」としている。