今月オーストリアで開催される2試合の国際親善試合に向けた日本代表メンバーが5日に発表された。対戦相手となるメキシコのメディアでは久保建英や南野拓実に特に注目が集まっている。

 新型コロナウイルスの影響でJリーグ所属選手の渡欧が容易ではないこともあり、10月に続いて今回も欧州のクラブに所属する選手のみでメンバーを組んだ日本代表。13日にパナマ代表と、17日にメキシコ代表との試合が予定されている。

 レアル・マドリードが保有権を持ち、欧州でも屈指の有望な若手選手の一人と評価される久保への注目度は高い。メキシコ『メディオティエンポ』は「日本がタケ・クボをはじめとする代表メンバーを発表」「ビジャレアルのタケフサ・クボが一番の旗印」と日本代表のメンバー発表について伝えた。

 日本代表で注目を集めているもうひとりの選手は、イングランドのビッグクラブであるリバプールに所属する南野。メキシコ『ミレニオ』紙は「日本が招集メンバー発表。クボとミナミノが目を引く」と2人の名前を強調した。他には注目選手として長友佑都や吉田麻也に言及している。

『TUDN』でも同じく南野と久保の名前を記事タイトルに入れつつ日本のメンバー発表について報道。一方『エスト』紙では久保と長友に注目し、久保については「日本のセンセーション」「未来に向けて注目すべき選手の一人だと考えられている」と述べている。