2020プレナスなでしこリーグ1部第16節の各試合が7日から8日にかけて行われ、首位に立つ浦和レッズレディースの6年ぶり3度目のリーグ優勝が決定した。

 今季序盤から首位を走り続けてきた浦和レッズレディースは、前節を終えた時点で3試合を残して2位のINAC神戸レオネッサと8ポイント差。今節は7日に行われた試合でINACが勝利を収めたが、浦和も8日の試合で愛媛FCレディースに5-1の快勝を収め、2試合を残しての優勝を確定させた。

 浦和の優勝は2009年、2014年に続いて3回目。昨季まで5年連続で優勝を飾っていた日テレ・東京ヴェルディベレーザの連覇をストップさせた。ベレーザは16節終了時点でINACに次ぐ3位に位置している。

 来季からは日本初の女子プロサッカーリーグとなる「WEリーグ」が開幕するため、日本の女子トップリーグとしてなでしこリーグが開催されるのは今季が最後。浦和レッズレディースは女王としてWEリーグに臨むことになった。