【ヘタフェ 1-3 ビジャレアル リーガ・エスパニョーラ第9節】

 リーガ・エスパニョーラ第9節、ヘタフェ対ビジャレアルが現地時間8日に行われた。アウェイのビジャレアルが3-1の勝利を収めた。

 ビジャレアルに所属する日本代表MF久保建英は、公式戦2試合連続のスタメン入りとはならず。この試合はベンチスタート。86分から途中出場となった。

 11分、ビジャレアルが幸先良く先制に成功する。パレホの左サイドからのボールに対してファーサイドでガスパールがヘディングで折り返す。中央でアルカセルが胸トラップから右足のシュート。GKの股を抜いてゴールに吸い込まれた。アルカセルはこれでリーグ戦5点目となった。

 先制に成功したビジャレアルだが、すぐに同点に追いつかれる。16分、GKからのロングフィードに対してアルビオルがヘディングでクリア。しかし、それをアランバリが拾い、胸トラップから右足一閃。これがゴールに突き刺さり、ヘタフェが同点。だが直後の17分にトリゲロスがゴールを決め、ビジャレアルがすぐに勝ち越しに成功した。

 62分、ビジャレアルがリードを2点に広げる。アルカセルの左からのボールにモレノが合わせ、ゴールネットを揺らした。すると86分、モレノに代わって久保が投入された。久保は出場時間が短かったものの、バッカへのパスを通し、チャンスを作るなど積極性を見せた。

 試合はこのまま終了。ビジャレアルが3-1の勝利を収めた。勝利したビジャレアルはリーグ戦2連勝。公式戦4連勝となった。

【得点者】
11分 0-1 アルカセル(ビジャレアル)
16分 1-1 アランバリ(ヘタフェ)
17分 1-2 トリゲロス(ビジャレアル)
62分 1-3 モレノ(ビジャレアル)