マンチェスター・ユナイテッドからのレンタルでチームに加入している21歳のU-21ポルトガル代表DFディオゴ・ダロトに関して、ミランが完全移籍での獲得を検討しているようだ。9日に伊メディア『トゥットスポルト』が報じている。

 同メディアによると、ミランはダロトを完全移籍で獲得する事を望んでいるものの、同選手に買い取りオプションは付いていないという。そのため、ユナイテッドが完全移籍で売却することに前向きかどうか交渉の意思を確認しているようだ。ユナイテッドが売却を望まない場合、ダロトは2021年6月にユナイテッドへ復帰することになる。

 今年10月にユナイテッドからミランへレンタル移籍したダロト。右サイドバックとして今季は公式戦5試合に出場し1得点1アシストを記録している。特にヨーロッパリーグ(EL)では重要な役割を果たしており、ミランは来年以降もチームに留めておきたい考えのようだ。