チェルシーに所属するフランス代表FWオリビエ・ジルーに同クラブ退団の可能性が浮上している。英メディア『フットボール・ロンドン』が現地時間9日に報じた。

 2018年にアーセナルからチェルシーに移籍したジルー。今年5月にチェルシーと1年間の契約延長をした。しかしチェルシーは今夏大型補強を行い、ティモ・ヴェルナーの活躍などでジルーの出場機会が激減。リーグ戦は今季ここまで3試合の出場にとどまっている。

 そんな中、ジルーにインテルが興味を示している。インテルは1月の冬の移籍市場でジルーの獲得を目指していたが、同選手はチェルシーに残留となった。しかし、インテルはまだ獲得を諦めておらず、来夏の移籍市場で獲得に動く可能性が浮上している。

 ジルーはこのままチェルシーとの契約を延長しなければ、他クラブはフリー移籍の事前契約を冬に結ぶことができるが、果たして…。