パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、同クラブと契約延長することになるかもしれない。米メディア『ESPN』が現地時間10日に報じた。

 2017年にバルセロナからPSGに加入したネイマール。PSGとは2022年まで契約を残している。レアル・マドリード移籍やバルセロナ復帰が噂されたネイマールではあったが、PSGに残留。そして、PSGと新たに5年契約を結ぶ可能性があるという。

 同メディアによると、PSGのスポーツダイレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、ネイマールとの交渉を開始したことを認めたという。交渉は順調に進んでいるとされていて、ネイマールが5年契約を結ぶ可能性が高いようだ。

 果たして、PSGはネイマールと契約延長することになるのだろうか。