今夏の移籍市場で積極補強を行ったチェルシーが、ウェストハムに所属する21歳のイングランド代表DFデクラン・ライスの獲得を諦めていないようだ。英メディア『エクスプレス』が現地時間17日に報じた。

 以前から噂されるチェルシーのライスへの関心。だが、ウェストハム側は8000万ポンド(約110億円)より低い移籍金では売る気はない姿勢を見せており、積極補強のチェルシーは中々動くことができなかった。

 しかし、チェルシーはまだライスの獲得を諦めておらず、選手を放出することで移籍金を捻出しようとしているという。チェルシーではアントニオ・リュディガー、エメルソン・パルミエリ、ダニー・ドリンクウォーター、オリビエ・ジルーが放出候補に挙がっているようだ。

 果たして、チェルシーはライスを獲得するために選手を放出することになるのだろうか。