【ベールスホット 2-1 アンデルレヒト ジュピラー・プロ・リーグ第13節】

 ジュピラー・プロ・リーグ第13節、ベールスホットVA対アンデルレヒトが現地時間22日に行われた。試合はホームのベールスホットが2-1の勝利を収めた。

 4位ベールスホットは、ホームに7位アンデルレヒトを迎えた。ベールスホットに所蔵する日本代表FW鈴木武蔵は、4試合連続のスタメン入りとなった。鈴木は80分までプレーした。

 先制したのはベールスホット。29分、タリクが相手陣内でボールを奪うと、イスマイラにパスを供給。イスマイラはドリブルからシュートを放つ。ボールは相手GKの股を抜けてゴールに吸い込まれた。

 50分、タリクがペナルティエリア内で倒され、ベールスホットがPKを獲得。ホルツハウザーのPKは一度相手GKに阻まれるが、ホルツハウザーがこぼれ球を押し込んだ。

 終盤にアンデルレヒトが1点を返す。87分、ムカイルのスルーパスに抜け出したヌメチャがゴール右にボールを流し込んだ。だが、その後ベールスホットは1点を守りきり、アンデルレヒトに2-1の勝利を収めた。勝利したベールスホットは3試合負けなしとなっている。

【得点者】
29分 1-0 イスマイラ(ベールスホット)
50分 2-0 ホルツハウザー(ベールスホット)
87分 2-1 ヌメチャ(アンデルレヒト)