UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節、ディナモ・キエフ対バルセロナが現地時間24日に行われた。バルサが4-0の勝利を収めた。この試合に先発した米国代表DFセルジーニョ・デストがバルサ加入後初ゴールを決めている。

 今夏の移籍市場でアヤックスからバルサへ移籍した20歳のデスト。キエフ戦で右サイドバックとして先発出場を果たすと、52分にマルティン・ブライトバイテのパスから先制点を決めた。

 25日付のスペイン『マルカ』がデストの試合後のインタビューを掲載。デストは「初ゴールを決めることができて本当に嬉しい。僕らはゴールが必要だった。先制ゴールを決めることは重要だった。もっと多くのゴールを決められることを願うよ」と喜びを口にした。

 バルサでは初の米国人選手であるデスト。米国人選手として、初めてバルサでゴールを決めたことになる。今後もこの若手DFに期待したい。