【スィヴァススポル 0-1 ビジャレアル ELグループI第5節】

 ヨーロッパリーグ(EL)グループI第5節、スィヴァススポル対ビジャレアルの試合が現地時間3日に行われた。ビジャレアルが1-0の勝利をおさめている。

 ここまでの4試合で3勝1分の成績を残し、勝ち点10でグループ首位のビジャレアル。決勝トーナメント進出がかかる今節のスィヴァススポル戦で、ビジャレアルはアレックス・バエナやルベン・ペーニャ、フランシス・コクランなどを先発起用。ビジャレアルに所属する19歳の日本代表MF久保建英もEL5戦連続の先発出場を果たした。

 75分、ハウメ・コスタのパスを受けたサムエル・チュクウェゼがゴールを決めてビジャレアルに先制点が入る。その後の追加点はなかったものの、リードを守り切ったビジャレアルが1-0の勝利をおさめた。この結果、ビジャレアルが決勝トーナメント進出を果たしている。なお、久保は58分にピノとの交代でベンチに下がっていた。

【得点者】
75分 0-1 チュクウェゼ(ビジャレアル)